11月28日(月)

ただいま11月28日(月)、PM10:05です。

【本日の東京のマーケット】
日経平均株価 18356.89 ▼24.33
TOPIX 1469.58 +5.05

週明けの東京市場は、ドル円がシドニー時間から軟調に推移したため、日経平均株価は軟調なスタートとなりました。

ドル円も、軟調な推移が展開され、前場を通して円買いが継続しました。
11:30過ぎには111.35の安値を付ける場面がありました。

その後は、切り返す動きが鮮明となりました。
後場に入ると、日銀のETF買い期待で日経先物の買いが入り、株価は大きく戻す展開となりました。

日経平均は、プラスに転じるまでは戻せなかったものの、TOPIXは大引けではプラスに転じ、12連騰となりました。

ドル円も、後場に入ると切り返しの動きが強くなり、東京時間大引けにかけて112円台を回復しました。

東京時間が引けて以降も、再度安値を付けに行く展開となったものの、東京時間の安値までは押さず、111.75付近がサポートとなりました。

ロンドン時間後半にかけては、徐々に戻す展開となり、一時112.70付近まで戻しています。

日足は、大きな下髭が示現した格好となり、一旦押し目が終了した可能性も出てきました。

本日は、NY時間以降、更に戻りの幅が拡大し、日足が陽線で終了するような展開になると、一気に高値更新する可能性が拡大すると思われます。
とくに本日の日足の下髭は、22:20現在で1円超となっており、かなり強い反転の兆しにも見えます。

逆に、NY時間で戻しの幅が縮小するようなら、調整の地合いが継続する可能性があります。
とくに、先週金曜日の安値112.60を下抜けての大引けとなると、安値更新のまま日足が推移するため、調整地合いが強まる可能性が上がると思います。

重要指標を控えてのポジション調整か、再度円高方向に進むのかを見極めたい週となりそうです。

【本日の経済指標】
発表予定なし

本日の15分足↓(クリックで拡大)

usdjpy1128

NY時間序盤で、先週金曜日のレンジ内まで戻してきています。
このあと、金曜日の安値を下抜けて引けるのか、レンジ内もしくは、さらに上昇して引けるのかに注目です。

コメントを残す