東京AMのV字形成~前篇~

こんにちは!

今年の相場も、本日で終了ですね。
とはいっても、すぐに来週の火曜日から再開なので、普通に3連休と同じ
感覚ですが…(+_+)

さて、米国大統領選が終わり、2カ月近く経とうとしています。
この間、トランプラリーという名のリスクオン相場が継続しました。

東京時間は、レンジになりやすい、というセオリーもありますが、
直近の動きは高値で逆張ると、痛い目に合うパターンの出てきました。
では、それはどんなパターンかというと…

東京時間AMにできたV字は逆張りしない!

東京がレンジになるという前提であれば、高値でのショートという組み立て
がセオリーとなります。
V字してきたら、レンジ内の動きに回帰する、という読みですね。
ただ、これをトランプラリー中の東京時間に行うと、結構痛い目にある場合
があります。
むしろ、V字完成後は、押し目買いの方に優位性がある展開です。

特に東京時間の午前に限定すると、レンジにはなりにくく、V字したあとは
抜けていくか、押し目を入れて続伸する場合が多いです。
V字形成する際の上昇が、仲値に向け高いだった場合は、少し割り引いて
考える必要はありそうですが(失敗することがやや高め)。

大統領選挙が決着した11月10日以降、東京時間AMにV字形成したのは
全部で13回(今日を入れると14回)ありますが、各々見ていきます!

11月17日

.

仲値の時間帯でのV字形成には該当せず、押しを入れてからの上昇に繋がりました。
ロンドン時間いは東京時間の高値も超えています!

 

11月18日

この日のV字形成も仲値に伴う買いではなく、V字形成後は、押しを入れずそのまま続伸しました。
この日は、ロンドン時間には反落する展開となっています。

11月22日

この日の上昇は、仲値から連続して買いが入り、そのままV字形成する展開となりました。
やや押し目が形成されたのち、高値を更新する場面があったものの、上げ幅は少な目。
15時の東京時間引け後には大き目に高値を更新しました。
ロンドン時間でもさらに高値を更新しています。

11月24日

10時過ぎにV字を形成し、浅めの押しを入れた後に後場寄りに向けて高値を更新しました。
後場はひたすら押される展開となりましたが、15時台に大きく買われ、ロンド時間序盤にも
高値を更新しました。

11月29日

この日のV字形成は、仲値に向かう買いの継続という展開でした。
一旦、半値程の押しが入りましたが、後場にかけては再上昇する展開に。
更に、ロンドン時間では1円超の上昇が発生する展開となりました。
つづきはまた次回書きます!

↓役に立ったら、押してね~(^_-)-☆

にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

Tags:

コメントを残す