英国製造業生産指数、鉱工業生産指数、貿易収支

こんばんは!

今日は英国の指標が発表されたので、二つ目の記事になります!

発表された指標は、
・製造業景況指数
・鉱工業生産指数
・貿易収支
の三本立て!

英国指標三本立て

 Hard Brexitからポンドは崩れていましたが、なかなか戻りが入りません。
 その間、ポンドの下落の効果で、FTSEは堅調に展開しています。

 本日は、深夜にトランプ次期大統領の会見が予定されており、ポンド円の
動きは東京時間からやや膠着した展開となっていました。

 そんな環境化で発表された本日の指標。
 結果と、結果発表後の動きはどうなったのでしょうか?

発表日時:2017年1月11日 18:30
   鉱工業生産指数
    前回:2.1%
    予想:0.8%
    結果:▼1.1%

   製造業生産指数
    前回:1.3%
    予想:0.5%
    結果:▼1.0%

   貿易収支
    前回:▼12.16B
    予想:▼11.20B
    結果:▼9.89B

 貿易収支は赤字幅が縮小したものの、鉱工業生産指数と、製造業景況指数は、
予想を下回るネガティブな結果となりました。

 発表後のポンド円の1分足は、以下の通りです。

 
 複数の指標が同時に発表され、かつ強弱が入り混じったときは、相場の反応が最初の数秒から
数分は荒れますね。
 今回も、結果発表直後はポンド買いで反応したものの、その後は下値を試しに行く展開となり
ました。
 140.60台はサポートが入る展開となり、この水準での買いはワークした展開となりました。
 逆張りの買い下がりで、自分も利益を出すことができました♬

 さて、本日はこのあとトランプ大統領の会見がありますね。
 はたして、どんな展開が待っているのでしょうか、楽しみです!

 応援ぽち、よろしくお願いします(^_-)-☆
 にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す