12月米国消費者物価指数

1月18日に発表された12月米国消費者物価指数のおさらいです。

12月米国消費者物価指数

発表日時 2018年1月18日 22:30
<前月比>
前回:0.2%
予想:0.3%
結果:0.3%
<前年比>
前回:1.7%
予想:2.1%
結果:2.1%

発表された結果は、対前年比・対前月比ともに予想通りの数値となりましたが、
いずれも前回の数値よりも良化している結果となりました。

結果発表後のドル円の動き

結果発表後のドル円の動きは以下の通りです。

発表直後の1分足で高値を付け、その後は失速する形となりました。
結果が良かったのに…というパターンですね。

シカゴ時間まで保有すれば、押し目で買っても利益が出る展開でしたが、
スキャルの時間枠だと、ロスカットになったかもしれない展開です。

ちなみに、この指標が発表された時間帯は、ドル円がその日の最高値圏
での推移となっていました。

この様に、高値圏での推移時に指標発表があり、高値を更新してくると、
そこが利益確定に使われることが結構あり、注意したいパターンです。

Tags:

コメントを残す