今週前半のドル円

こんばんは!

2017年2月8日、22:50すぎです。

今週は、先週の雇用統計の結果を受け、3月利上げがやや遠のき、
米長期金利が低下、株価が堅調に展開しています。
NYダウは20,000ドル、日経平均株価は19,000円を回復しました。

雇用統計直後は、ドル円が売られたものの、下には走らせない買い
が入り、ドル円は膠着状態です。

そうは言いつつも、日足では、75MA(チャートの黄色ライン)を
割り込んで推移しており、軟調展開です。

半値押しの水準である109.80(雲の下限と同水準)まで押される
展開に入ったのかどうかは、やや微妙…
やはり公的資金の買いというのが、強いですからね~

それと、最近噂されている「青いクジラ」の存在。
いわゆるかんぽ生命の資金ですが、外貨買いに動いてくると、また
また落ちにくい展開となりそうですね~

いまのところ、新規の材料もなく、またドル円のボラティリティも
低下した状態なので、トレードしにくい状態です。

今週の10日、日米首脳会談が予定されていますが、この結果でばたばた
動くような展開を期待したいです!

ということで、今週は少し大人しめにしてます♬

コメントを残す