2月米国雇用統計

昨日米国の雇用統計が発表されました!

そのおさらいですが、この日は朝からドル買いが強く、雇用統計までの動きも
おさらいしておきます。

3月10日 日中の動き

この日の22:00頃までの5分足です!

この日は、朝の7時台に115に乗せてきました。

取引の薄い時間を狙って仕掛けられた感じでしたね。

その後も売り押される展開にはならず、前場でレジとなった115.25も後場にブレイク、
115.50近くまで高値を切り上げて雇用統計を迎える展開となりました。

2月雇用統計

発表日時 2017年3月10日 22:30

<非農業部門雇用者数>
前回:22.7万人(23.8万人に上方修正)
予想:20.0万人
結果:23.5万人

<失業率>
前回:4.7%
予想:4.7%
結果:4.7%

<平均時給>
前回:0.2%
予想:0.3%
結果:0.2%

今回の結果も、強弱が入り混じるやや歪な結果となりました。

結果発表後のドル円の動き

今回の雇用統計に関しては、発表までにすでにドルがかなり買われていたことや、
結果自体がパッとしない数値であったことから、ボラティリティがほとんど出ません
でしたね。

発表直後の上下の値幅はおおよそ30pipsに留まりました!

その後もだらだらした展開となりましたが、24:00のオプションカットめがけて、
大きな売りが入りましたね!

しばらく115.00を挟んだ攻防となりましたが、結局下抜けて週を引けています。

来週は、15日にFOMCが予定されており、大方の予想は利上げ!

しかも、すでにあらかた織り込まれているとの観測。

これで、年4回の利上げが示唆されなければ、ドルは失速とみていますが、どうなりますか…

では、今週もお疲れさまでした。

 

いつもありがとうございます!
応援ポチ、お願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す