FED要人、鳩化?

最近の要人発言はハト派に傾き!

シカゴ連銀エバンス総裁は、3月28日の「自分のドットは予測中央値より低い」
「今年4回利上げもあり得る、“状況が本格的に好調なら”」との発言が翌29日に
は「あと1回もしくは2回”の利上げを支持」「財政政策案に基づいた先制的な
行動はしない」とハト派寄りに変化

加えてNY連銀ダドリー総裁も3月24日に「完全雇用に近づくにつれ金融政策の
緩和度合を幾分縮小することを望む」「米国経済は非常に良い状況にある」
とした発言から先週末4月1日には「景気が過熱していないことは明らかで速い
ペースでの引締めを余儀なくされる状況にない」とこちらもハトへ変化。

さらにセントルイス連銀ブラード総裁も先週末、「小幅な利上げは問題なし、
大規模な金融引き締めは不要」と発言しており、早期の追加利上げに消極的な
発言へ。

ちょっと前まで散々煽ってきたのに、一回利上げしたらこれですか~…

まぁ、雇用統計が今週末に控えているので、その結果次第というのもありますが、
雰囲気的には円高に振れそうな感じになってますね…(+_+)

ちなみに週明けのドル円は、111円台の攻防となっています。
先週上抜けたレジスタンスゾーンが結局は機能しており、戻り売り優勢の
展開ですね~!

 

ただ、今週は重要指標目白押しで、指標結果次第ではどうにでもなる状況。
中期の方向性は見通しにくい状態です。

いつも応援ありがとうございます!
よろしければ応援ポチ、お願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す