何もしないということ…

こんばんは!

今日は、ドル円が崩れました!

が、FIXめがけて押し目買いが入り、FIX通過しても買いが続き、
結局昨日の安値は上回っての推移となっています!

で、今日書こうと思ったのは、
「何もしないということ…」
について、です。

なんのこっちゃ、って感じですが、今の自分のテーマです。

ま、当然のことながら、トレードの話なのですが…

この「何もしないということ…」は、思った以上に難しいのです。

具体的に見ていきたいと思いますが、まずは、トレードの流れ。

これには、個人差や、手法等により、多少の差異があるとは思います。

自分の場合のトレードの流れは、

①相場環境認識(レジサポの位置なども含めての概要把握)
②エッジ待ち
③エッジが出たらSTOPの位置を決め、Lot数を決める
④エントリータイミングが来たら、エントリー
⑤StopとLimitを入れる
⑥放置
⑦StopかLimitのどちらかが刺さり、トレード終了

という感じです。

①~⑤は、かなりスムーズに進みます。

一般的にもそうなんじゃなかな?

ポジポジ病の人などを除けば…

で、自分の場合は、⑦が完結する前に、Stopをごちゃごちゃいじったり
Limitをいじったり、これがすごく多い。

特に、多いのが、
Stopまで来ていないのに、すぐに伸びないから斬ってしまう!
Limitまで来ていないのに、含み益が減る過程で斬ってしまう!

この二つをやらかすことがすごく多いです(+o+)

早目に切っておいてよかったな、ということもたまにはありますが、
圧倒的に、「ちゃんと持ってろよ…」という方が多い(+_+)

まぁ、つまりは利益が伸びる運動を邪魔している、ということですね…

もうこうなると本末転倒です!

なので、上に書いた①~⑦のうち、自分的には⑥がとても重要!

⑥の放置!

つまり、「何もしないということ…」です!

いつもありがとうござます!
応援ポチ、よろしくお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

 

コメントを残す