難解な来週のドル円

こんばんは!

週末6月17日土曜日です。

今週のドル円は、結構波乱相場でしたね。

水曜日に小売とCPIが予想値に届かず、ドル円は大きく下落。
それまでの109.10サポを下抜けました。

その後、FOMCが予想通りの内容で、ドル円は買戻し。
ただ、水曜日の日足は下髭を付けたものの、陰線で引けており、
上値の重い印象を残しました。

木曜日は、MPCで利上げ票が3票も入り、ポンドが急騰。
つられるように、ドル円も上昇し、日足は大きな包み足陽線となりました。

ボリバンのミドルラインを突破、200MAも上抜けて、戻りが鮮明となった
印象だったんですが…

金曜日はNY時間に流れが一変し、円高方向に方向転換…

日足は上髭が長い陰線で週を引けています。

ここから、どっちに行くのか読みにくい状況となっています。
金曜日から、押し、または下落のスイングに入った可能性がありますが、
次の安値が14日の安値を更新するかどうかで、方向性が見えてくるかな…?

ボリバンは並行状態となっているんで、レンジでの推移という可能性も
充分考えられるかと思います。

次に、4時間足ですが、こちらはバンドウォークが一旦終息し、その後の押し
は13EMA(赤)で止められています。
FOMCからの上昇が、まだ崩れていない状態です。

この押しの水準は38.2%押しまで押されてはおらず、またQQEはダイバージェンス
を付けていないので、もう一回(以上)高値を更新する可能性を残しています。

また、FOMC以降は陽線の出現率が高く、また大陽線もところどころ出現している
ことから、推進波は上昇方向、と見た方が自然ですね。

雲の上限が38.2%押しと重複しており、このあたりで押し目が止められれば、
再度上昇する可能性を残していると思います!

まずは、来週序盤の動きを見てから方向感を決めたい状態ですね!

では、みなさま良い週末を~(⋈◍>◡<◍)。✧♡…
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

 

ハッピーメールバナー

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

コメントを残す