週明けの微妙な相場

こんばんは!

2017年7月10日 月曜日 20:00を過ぎたところです。

それにしても、最近気温が高いですね…
北海道も、先週木曜日から5日連続で30℃を超えています。
毎日毎日暑い日が続きますが、まだ7月上旬、どこまで行くんだろうと
いう感じです…

さて、週明けの相場ですが、今日は日経平均は反発。
151.89円高の20,080.98で、2万円台を回復しました。

雇用統計の好結果を受け、先週末は円安で推移した円シリーズですが、
今日は下側に窓を開け、やや弱めの寄り付きとなりましたが、徐々に上昇
する展開となっています。

ドル円は、金曜日のシカゴ時間の高値を抜いて、114.28付近まで高値を
更新したものの、上値は重く、ロンドン時間は押し返されました。

今週注目しているペアのひとつ、豪ドル円も下側に窓を空けたものの、
寄り底となり、日足は陽線です。
現在のところ、上髭示現でやや弱め。
先週の金曜日が、+1σでの包み足で、再上昇を期待していましたが、
Wトップの危険も漂っています。

次に、4時間足。

金曜日に、上値抵抗のトレンドラインを上抜け、本日東京時間前半も続伸しましたが、
ロンドン時間からはやや押される展開となっています。
期待していたほどの強さは無い状況ですね~(+o+)

もうひとつ、ユーロ円。

日足は、本日で3連続の陽線です。
ただ、今日が実体は一番小さく、上髭も示現中。
陰線に転換してしまう可能性もありですね…
RSIは、ダイバージェンスを出していないので、まだ上値も期待できる状況にはあります。

次に4時間足。

本日の東京時間に高値を更新し、130.38付近まで上昇しましたが、ロンドン時間
からはやや失速。
RSIはダイバージェンスとなり、やや弱い形となっています。
豪ドル円同様、ユーロ円もやや期待外れの展開となりました…

今週は、米国でのイベントとしては、
・12日のイエレン議長発言(13日も)
・14日の小売売上高&消費者物価指数
ですね。

内容や結果によって、クロス円の動きにも大きな影響が出る可能性があり、
要注目です!

いつも応援ありがとうございます!(^^)!
応援ポチお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

 

コメントを残す