US小売りとCPIはネガティブな結果に

こんばんは!

2017年7月14日 金曜日 晴れ

今日も札幌は33℃、鬼のように暑いんですが、陽が沈めば涼しげです。

さて、本日は、株式も為替も、マーケットはまったりした感じでしたね。
特にロンドン時間からは動きが乏しく、方向感があまりなかった感じでした。

ところが、NY時間序盤からは、徐々にドル円が下落する展開に。

指標発表直前には、113円ちょうど付近前まで落ちてきました。
(今考えると、インサイダー系売り???)

で、発表された結果は、CPI、小売売上高、ともにネガティブな結果となりました。
これにより、ドル円は更なる下落に見舞われて、一気に70pips超、下落する展開
となっています。

今後の見通しとしては、CPIが予想を下回り、2.0%にははるかに届かない
水準で推移している以上、すぐには利上げはない、という感じでしょうか?

ひょっとすると、年内利上げもなくなる?

それはないか…

ただ、ドル円は、しばらく調整モードが継続しそうな雰囲気ですね~♬
来週以降の動きに注目しましょう!

ちなみに、次回のFOMCが7月26日が二日目ですね(^_-)-☆

いつもありがとうございます♬
応援ポチ、よろしくお願いします♬
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す