ユーロと豪ドル…

2017年7月21日 17:00をすぎました!

昨日は、21:30からまりおECB総裁の会見がありました!

予想通り、ハト派寄りの発言となりましたね…
主なコメントとしては…

  • フォワードガイダンスの変更は秋に実施
  • 極めて大規模なQEが必要
  • 成長へのリスクはほぼ均衡
  • 景気拡大は、まだ物価に波及していない
  • 経済の回復の裾野が広がっている
  • 加盟国の構造改革が遅々として進まないことも景気回復の力を抑えている
  • 基調的なインフレ圧力はまだ弱い
  • ダウンサイドへのリスクは、主にグローバルファクターである
  • 景気の一層の上振れに向けて勢いは増している
  • インフレ率は、しばらく現状通りとなり、中期的にインフレの押し上げ要因は出て来るだろう
  • 今後数か月にわたり、現行水準程度のインフレ率を見込む
  • 金融環境の引き締め、ECBはまったく望んでいない
  • ECBは日銀型の政策導入は議論しなかった
  • テーパリングのシナリオは議論されていない

こんな感じでした!

内容的には、現状はハト派、年明けあたりにテーパリングが見込めるような印象ですが、
期待先行で、ユーロは大幅高となりました!

ユーロドル15M足です!

その後、ブルームバーグより、
「モラー特別検査官、捜査の対象をトランプ氏の不動産ビジネスまで拡大、
過去のロシア企業との合弁事業も捜査対象」と報じら、さらにユーロ買いドル売り
となっています。

日付が変わって、本日のアジア時間は高値圏でのホバリング。

欧州時間に入り、再上昇の兆しがありましたが、買いは続かず…
さすがに週末で、確定売りにも押され気味という感じでしょうか?

こうなると、一旦押しを形成してからの再上昇を待つ感じかもしれません!

週末ですが、本日はカナダの小売売上とCPIが発表予定なので、
最近大人しかったカナダに動きが出るか期待です!(^^)!

 

いつも応援ありがとうございます♬
応援ポチ、よろしくお願いします!(^^)!
にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す